チベットの秘宝

当店では「ジービーズ」と呼ばれる
特殊なストーンを取り扱っています。

日本では天珠と呼ばれ
パワーストーンの王様と言われており

チベットで古くからとても大切に
扱われてきた秘宝です。

天珠とは

チベット・ヒマラヤ地域を発祥とし
チベット仏教の僧侶が身に着けていました。

メノウなどの天然石が材料にしそこへ独特の模様を焼き付けています。
模様によって、その意味が違い、分かっているだけでも60種類もの天珠があります。

昔は天珠を削って薬として使う事がありチベット医学においては

「このズィーと呼ばれるチベット産の貴石は高貴薬に用いられる」

という記載があったそうです。

ブーム到来

そんなミステリアスなストーンですが、
ある事件を機に、人気が急上昇します。

1994年(平成6年)4月26日
日本時間、午後5時53分

台北空港を離陸した中華航空のエアバスは二時間後に日本の名古屋空港に着陸するはずでしたが、着陸寸前に失速し、名古屋空港の着陸誘導路に墜落してしまったのです。

この痛ましい大事故で乗務員15名、乗客249名の尊い命が失われました。
その中、重症を負いながらも7名の乗客が助かったのです。
このニュースは当時大きく報道され、台湾では連日ニュースになったそうです。

その中、ひとつの奇妙なニュースが人々の耳を直撃します。

生存者の一人が

「自分はこれを身に着けていたので命が助かった。」

と涙ながらに語っていました。
その身に着けていたものが天珠です。
そうした不幸な死から逃れたいと思うのは、誰しも思う事です。

「天珠を身に着ければ強運が身につく」

ブームに火がつくのは当然でした。

入手法

60種類もの意味を持つ天珠は、様々な意味を持っており

▼恋愛・結婚によいと伝わるもの
▼富や権力を手に入れた一族が隠し持っていたと言われるもの
▼健康・長寿によいとされるもの

など、用途に応じて様々です。

アンティークと呼ばれるものは入手困難ですし、非常に高額です。
家や車が変えてしまう価格のものであったり、博物館や美術館にあってもおかしくないものも存在します。

当店では、ニューエイジと呼ばれる現代の職人たちが作ったものを主に取り扱っており、お願いごとや、悩み事に合わせて最適なものをご提案しております。

品質、レア度、入手経路など、様々な基準をクリアした品のみを皆さまにお渡ししております。

どんなこだわりがあるか、他とは、どんな違いがあるか、そもそも効果あるの?

ということについてはまた別途お話ししていきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*