テレビ出演しました!クリックして動画をごらんください

【もう悩み無用】六眼天珠の意味・効果を解説

こんにちは、広島の占いとパワーストーン・プレミアム天珠専門店『ジービーズ』の丹波です。

男性 42.4%
女性 50.3%

これは何の数字だと思いますか?厚生労働省の発表した悩みやストレスを抱えている人の割合です。しかもこれは入院者は含まない数字なので、身体や心の病で入院中の方を加えたら2人に1人は悩みを抱えている事になります。あなたの隣にいる人も悩んでると思います。

そんなストレス社会に生きるあなたにオススメしたいのが六眼天珠(ろくがんてんじゅ)です。

六眼天珠の意味と使い方を見てみましょう。

六眼天珠(ろくがんてんじゅ)の由来

丸い目の模様が6つあるのモノを六眼天珠と呼びます。天珠で大人気の九眼天珠というモノがあるのですが、見た目がソックリなので、間違う事があります。眼の数はキチンと数えて確認しましょう。

6には6つの感覚器官(眼・耳・鼻・舌・身・意)を表しています。これらが悩みの元と密接に関わりがあります。眼は視覚、耳は聴覚、鼻は嗅覚、舌は味覚、身は触覚、意は五感を正しく判断するための心という意味を指します。

これらは五感+「意識や直感という感覚」の計六感が煩悩、つまり悩みの元になると言われています。除夜の鐘の108は煩悩の数と言われています。この108という数字は実はこの6という数字をベースに出されているものです。

また六道(地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道)を表しているとも言われています。

▼地獄道
耐えれないような苦しい状態が続くこと、その心の状態を示す。
生前に悪行を行った人が罰を受ける世界とも言われる。閻魔大王がいるのがこの世界です。優秀な補佐官がいるとかいないとか。
▼餓鬼道
自分のことしか考えずに他者を顧みないエゴや貪りの心に捕らわれた状態を示す。
生前に贅沢をしたもの、強欲、嫉妬など卑しい行為をしたものが行く世界と言われる。飢えと渇きに絶えず苦しむ世界を指す。
▼畜生道
人の道・道理から外れた非人間的な行為を犯す心の状態を示す。
生前に本能のまま生き、感情をコントロールせずに愚痴ばかり漏らしていたものが行く世界と言われる。他人から使われるままの状態を指す場合もある。
▼修羅道
他者と比較したり、争ったり、蹴落としたりといった怒りに燃え立つ心の状態を示す。
争いが絶えない世界であり、自分から苦しむというよりは苦しみに自分から身を投じるといっしゅた世界を指す。
▼人間道
考え、観念に縛られ真実を知らない迷いの心の状態を示す。
平凡な人間が住む世界を指す。楽しみもある世界だが、四苦八苦や疑心暗鬼に悩まされる世界でもある。
▼天道
成功・栄誉など不自由のない暮らしではあるが、満足を得ずに苦しみに再び戻ってしまう心の状態を指す。
寿命は長く、他の世界と比べ苦しみは少ないが、得られる喜びは瞬間的であり死の際の苦しみからは逃れられない。

この六道は輪廻転生(生まれ変わり)をする時に次の行き先とも言われていますが、個人的には今この瞬間の心の状態を指すものだと思っています。

六眼天珠(ろくがんてんじゅ)の意味

心を惑わし、悩ませる元になる六感を浄化し、悩みや苦しみから解放してくれるという意味があります。そして、六道の中での苦しみから解放するという意味も持っています。

悩み・迷いという自身の心の中にある悪い状態から脱出させてくれる天珠という風に捉えてるとよいですね。

交通安全、良縁、無病息災、家庭円満、精神安定といった効果が一般的に知られていますが、根本的いは自身の心の状態を正常に保つという所からの副次的なものなので、精神安定がメインの意味になるかと思います。

六眼天珠(ろくがんてんじゅ)の使い方

人が信じられなくなってしまった。
周りとコミュニケーションをとるのが怖い。
病気がちで落ち込んでしまう。
イライラすることが多くて辛い。
自分の人生は苦しみばかりな気がして先が見えない。

こういった、誰でも抱えうる悩みに心が悲鳴を上げている。そんな時に自分の心の在りようを見つめ直したい。変わっていきたい。そんなタイミングで身に着けることをオススメします。

六眼天珠(ろくがんてんじゅ)と組み合わせるストーン

その方の状況や性格によってピッタリのストーンは変わってきますが、ラリマー、スギライト、オニキス、オブシディアン、アメジスト、ヒスイ、チャロアイト、アマゾナイト、ブルートパーズなどとの組み合わせがよいです。

この分類はおおざっぱなので、自分に完全にフィットした組み合わせたストーンが欲しいという方は個別にご相談いただければ、オーダーメイドでお作りします。

フルオーダーブレスを作る

まとめ

六眼天珠は、悩みに心が負けてしまいそう。なんとかモヤモヤした心、弱った心を立て直したい。という方にオススメする天珠です。

天珠選びに迷っている方は、参考にしてみてください。