【魔除け効果が抜群】五眼天珠の意味・効果を解説

こんにちは、広島の占いとパワーストーン・プレミアム天珠専門店『ジービーズ』の丹波です。

なんだか最近良くない出来事が多い
悪いものが憑いていると言われた
魔除けをしたい
邪魔されることが多くてうっとうしい

ということありませんか?

そんなあなたにオススメしたいのが五眼天珠(ごがんてんじゅ)です。

五眼天珠の意味と使い方を見てみましょう。

五眼天珠(ごがんてんじゅ)の由来

丸い眼の模様が5つあるモノを五眼天珠と呼びます。
この5という数字は東西南北 + 中央の五方位を表しており、結界(バリア)を張ってくれるという意味があります。

また、5という数字は五福(福・禄・寿・喜・財)という意味があります。

福 : 幸福、つまり衣食住に困らず幸せに暮らせるという意味。
禄 : 高位高禄、つまり社会的地位と高い給料が得られるという意味。
寿 : 長寿、つまり健康に長生きをして天寿を全うすることができるという意味。
喜 : 喜び、つまり人生の喜ばしいできごと(結婚や出産)
財 : 富貴、つまり事業・ビジネスが発展し財を成すことができるという意味。

 

また、五大明王の守護を表しています。

▼不動明王(中央を守る)
明王の中で一番有名です。煩悩を抱える最も救いがたい人々を力ずくでも救うという、少し強引な所があります。厄災除去、戦勝、悪魔退散などの利益があるとされています。個人的に非常にご利益をいただいているのでオススメの仏さまです。

▼降三世明王(東方を守る)
顔が3つ、腕が6つある明王です。聖なる炎で煩悩や欲望を焼き尽くすという、やはり強引な所があります。煩悩除去、怒りを収めるといったご利益があるとされています。

▼軍荼利明王(南方を守る)
身体に蛇を巻きつけた明王です。蛇は煩悩と執着の象徴とされ、それを打ち砕くと言われています。息災延命のご利益もあります蛇が大嫌いなのでやっつけてくれるこの明王は好きです。

▼大威徳明王(西方を守る)
顔、手、足が6つずつある明王です。水牛に乗っています。死神を殺すものという意味を持ち、戦勝祈願、煩悩除去の利益があるとされます。

▼金剛夜叉明王(北方を守る)
3つの顔を6つの手、5つの目を持つ明王です。金剛杵を持ち、不浄なものを消化すると言われています。息災健康、怨敵退散のご利益があると言われています。

 

五眼天珠(ごがんてんじゅ)の意味

東西南北 + 中央の五方位を守る魔除けの意味が強いと言われています。四眼天珠と似ていますが、四眼天珠が今あるものを維持するのに対し、五眼天珠は外からの不運・災難・不幸を退けるという意味があります。

同時に、五方位からの幸福や財運を招くとも言われています。風水的な観点からも非常に縁起の良い天珠です。

五眼天珠(ごがんてんじゅ)の使い方

どうも周りに変な人がつきまとうので何とかしたい
最近事故やケガが多くて運が悪い
仕事で足をひっぱる人がいて困っている

こういった、自分の害をなす人、環境、流れなどを徹底的に排除したいという時に身に着けることをオススメします。

五眼天珠(ごがんてんじゅ)と組み合わせるストーン

魔除けがメインになってくるのでオニキス、ブラックルチル、モリオンなどを組み合わせるとバッチリです。

また、裁判などの争い事に勝つという意味では、タイガーアイ、ブラックルチルがオススメです。

この分類はおおざっぱなので、自分に完全にフィットした組み合わせたストーンが欲しいという方は個別にご相談いただければ、オーダーメイドでお作りします。

フルオーダーブレスを作る

まとめ

五眼天珠は

自分が何かしようという時に邪魔が入るのを避けたい、運気が悪いので足を引っ張っている要素をなんとかしたい

という方にオススメする天珠です。

天珠選びに迷っている方は、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*