【新しい門出に】十一眼天珠の意味・効果を解説

こんにちは、広島の占いとパワーストーン・プレミアム天珠専門店『ジービーズ』の丹波です。

人生の「ターニングポイント」というものがあります。
受験、引っ越し、結婚、出産、転職、独立、人によって様々ですが、このターニングポイントでコケると、かなりの痛手を負います。

今年に結婚する予定がある。
独立の準備中で、今年にそのXデーを予定している。
もう結婚生活が限界なので離婚調停中。
ヘッドハンティングが来ている、応じる予定だ。
大学入学で一人暮らしを始める子供に何かプレゼントしたい。

そんなあなたにオススメしたいのが十一眼天珠(じゅういちがんてんじゅ)です。

十一眼天珠の意味と使い方を見てみましょう。

十一眼天珠(じゅういちがんてんじゅ)の由来

丸い目の模様が11個あるのモノを十一眼天珠と呼びます。
11という数字で思い出すのが11面観音です。仏の中でも人気のある観音様で、頭の上に顔が更に10個あるという、かなり見た目は奇抜な観音様です。

 

八方位(東西南北+北東、南東、北西、南西)と天地、つまり360度の全方位を見渡すと言われており、11個の面はそれぞれ監視する担当が違います。

▼本面
正面の顔で、本体の顔。

▼慈面
頭の上にある正面3つの顔で、優しい顔をしている。楽を与えると言われている。

▼瞋怒面
頭の上にある左3つの顔で、厳しい顔をしている。行いの悪いものを正しい道に向かわせる。

▼白牙上出面
頭の上にある右3つの顔で、口から牙を出している。行いの良いものを励ます、仏道に導く。
良い事した人に牙とか怖いもの出さないでと思うのは私だけでしょうか…

▼大笑面
真後ろにある顔で、大笑いをいています。悪行を行う人への怒りがピークに達し、大笑いをして滅するそうです。
竹中直人の笑いながら怒る人みたいな感じですかね

▼仏面
一番上の顔で、悟りの表情をしている。

十一面観音はこの面をもって、全ての人を見守り、様々な災難を避ける、病気治癒、財産授与、勝利を得る、延命、地獄に落ちない、極楽浄土に行けるなど実に多くの利益を与えてくれると言われています。

非常に幅広い人に、多くの利益や救いを与えてくれるという十一面観音ですが、その力を借りてしまおうというのが一眼天珠です。

十一眼天珠(じゅういちがんてんじゅ)の意味

十一面観音の利益の如く、吉運招来に良いとされています。また、学業や合格当選にも良いと言われています。
また、新しい門出を祝福すると言われており、お祝いごとには欠かせない天珠です。

十一眼天珠(じゅういちがんてんじゅ)の使い方

転職をした所で、新しい会社でも結果を残していきたい。
結婚するので、これから夫婦生活が豊かになるようにしたい。
会社を辞めて独立をするので、スタートアップを調子よく迎えたい。
子供が大学入学で一人暮らしを始めるので、上手く過ごして欲しい。

こういった、新しい生活を始める方の『最初の一歩』を順調に迎えたい、そんなタイミングで身に着けることをオススメします。

十一眼天珠(じゅういちがんてんじゅ)と組み合わせるストーン

その方の状況や性格によってピッタリのストーンは変わってきますが、進学、転職、独立などはタイガーアイ、シトリン、ゴールドルチル、シルバールチル、ファントムクォーツなどとの組み合わせがよいです。

結婚などであればサードオニキス、アクアマリン、ロードナイトなどがオススメです。

この分類はおおざっぱなので、自分に完全にフィットした組み合わせたストーンが欲しいという方は個別にご相談いただければ、オーダーメイドでお作りします。

フルオーダーブレスを作る

まとめ

十一眼天珠は

ターニングポイント、もしくはひと区切りを迎えている方の今後が良くなるようにしていきたい。

という方にオススメする天珠です。

天珠選びに迷っている方は、参考にしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*